社会科見学3 パッシブファンドとアクティブファンドの違い

社会科見学
Sponsored Link

社会科見学3 パッシブファンドとアクティブファンドの違い

前回の授業で投資信託の
目論見書に見方について
勉強しました。

その授業の中で、
パッシブファンドという言葉が
出てきました。

今回は、
これについて勉強したいと思います。

インデックスファンドとは

パッシブファンドは
インデックスというものに
パフォーマンスを近づけるように
設計された投資信託です。
そのため、ちょっと前までは
インデックスファンドと呼ばれていました。

インデックスというのは、
日経平均株価(日経225)や
日経JPX400、NOMURA-BPI、
NYダウ、S&P 500など
何かの分野全体あるいは一部を指数化し
全体的な大まかな市場の流れ
掴もうとする指数のことです。


投資信託の運用成績を
インデックスのパフォーマンスに
出来るだけ近づけるためには
インデックスと同じような
構成銘柄にすればいいのです。

そのため、
パッシブファンドは
目標となるインデックスと
ほぼ同じ構成銘柄や比率になっています。

アクティブファンドとは

対してアクティブファンド
インデックス運用のパフォーマンスよりも
いい成績をおさめようと、
ファンド独自の判断基準
資産運用を行うファンドのことです。

最近の流行りは、
レオスキャピタルのひふみプラスでしょうか。

前回取り上げたパッシブファンドの
ニッセイ日経225インデックスファンドと
どう違うのか目論見書ベース
見てみましょう。

パッシブファンドとアクティブファンド

パッシブファンドである
ニッセイ日経225インデックスファンドは
日本株の資産クラスと同じなので、
ほぼ同じ騰落率ですが、
アクティブファンドであるひふみプラスは
騰落率こそ日本株と
それほど変わりありませんが、
平均が日本株の倍となっています。
(下図矢印)

ニッセイ225日経インデックスファンドおよびひふみプラスの目論見書をキャプチャーして改変
上がニッセイ日経225インデックスファンド、下がひふみプラスのパフォーマンス

また、構成銘柄も大きく異なります。

ニッセイ225日経インデックスファンドおよびひふみプラスの目論見書をキャプチャーして改変
上がニッセイ日経225インデックスファンド、下がひふみプラスの組入上位銘柄

業種別比率も違えば、
組入上位銘柄はひとつたりとも被っていません。
ひふみプラスは
海外株式も組み入れています。

ファンドには特徴がある

このようにそれぞれのファンドが
それぞれの考えで資産運用しているのです。

例えば1本で
広く国内外に分散したければ
そういったファンドに投資し、
あるいは国内の株だけに限定したければ
そういったファンドに投資すれば良い。

そうやってどの分野に
投資したいかということを考え
投資するのが投資信託となります。

そして、
その最たる制度がiDeCoとなります。
iDeCoは
定期預金以外、全て投資信託ですので
こういった目論見書を読む必要が出てきます。

長期的にみたら・・・?

パッシブファンドがいいのか、
アクティブファンドがいいのか。
それは難しいところです。

短期に見れば、
パフォーマンスがいい
アクティブファンドも散見されます。

一方、
長期的に見ると
パッシブファンドの方が
パフォーマンスが良かった、
という結果も出ています。

どちらにするか、
あるいは、それも分散投資として
両方に投資するか、
ご自身で考えてみてくださいね。

次の授業は・・・

さてここまで、
株や投資信託、ETFについて
勉強してきました。
これで大体株式投資の基礎くらいは
習得できたと思います。
もちろんもっと深い勉強も
出来ることはたくさんありますし、
校長の三旬歩もまだ
勉強の道半ばです。

ただ、ここからは、
実際に体験しなければ
分からないことが
沢山あります。

ここで、やっと
証券会社の口座(証券口座)を
開設しにかかりたいと思います。


既に証券会社の口座がある、という人は
上記授業はSKIPできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました