社会4&実習3 実際に株を買ってみよう【楽天証券篇】

実習
Sponsored Link

社会4&実習3 実際に株を買ってみよう【楽天証券篇】

ここまでの授業で、
資産運用の基本となる
上場株式や投資信託、ETFについて
勉強してきました。

そして、前回の授業までで、
証券口座の開設まで
こぎつけていると思います。

ここまで来たら
実際に株を買ってみることにしましょう。

銘柄選択をしよう

投資や特定の銘柄の購入を
勧めるわけではありません。

あくまで買ってみようということですが、
それでも投資であることには

変わりありません。

「投資は自己責任で」
これは投資の世界では鉄則で

それは金リテ小でも同じです。
金リテ小およびその管理者は、
あなたの投資に対して
一切の責任を負いません。

さあ実際に株を買ってみましょう。

銘柄は何にするか。
選択肢はたくさんあると思います。

自分の生活の中で
比較的目に止まることが多い銘柄にするか。
世の中で大変有名な大手企業にするか。
誰も知らないようなベンチャー
大成長を期待するか。


その投資は
どんな目的で投資するのでしょうか。
キャピタルゲイン目的ですか?
インカムゲイン目的ですか?

その投資は
長期で運用する目的ですか?
それとも短期で売買する目的ですか?

銘柄選択はあなたにお任せします。

どれくらいの株数を買うか決めよう

買う銘柄が決まったら
どのくらいを買うか決めましょう。

いくらくらいの資金をつぎ込む予定でしょうか。

その資金でその銘柄は何株買えるでしょうか。

日本株は100株が1単元です。
100株ごとしか買えません。

100株?200株?それ以上??


買う株数もあなたにお任せします。


もちろん買わないで
買ったテイでブログの続きを読むでもOKです。

実際に株を買ってみましょう

買う銘柄と株数が決まりましたか?

あとは買うだけです。

買う画面については
楽天証券のHPをキャプチャーしながら
説明したいと思います。

楽天証券HPをキャプチャーして改変

まず、証券会社のHPにログインします。

そして銘柄のページに行きます。

楽天証券HPをキャプチャーして改変

現物買いのボタンを押します。
すると買い方を決める画面が出てきます。

注文方法を決めよう

実は株を買うための注文には
いくつか方法があります。

基本的な買い方の2つ
勉強しましょう。

成行注文(なりゆきちゅうもん)

これは、値段を決めず、
今一番安く買える値段で
すぐにでも約定させたいという時に
使う注文方法です。

楽天証券HPをキャプチャーして改変

右側に「板(いた)」と呼ばれる
注文待機表があります。

この板で言うと、
2,342.5円で買いたい注文が
800株あります。
一方、売りたい人の注文は
2,343.0円に1,500株あります。

成行注文にすると
売りたい人の最安値、
つまり2343.0円の注文に
ぶつけられることになります。

もし、他に成行注文をしている人が
いなければ、2343.0円で
約定することになります。

指値注文(さしねちゅうもん)

もう一つは指値注文。
指値注文は値段をこちらで決めることで
この板に順番待ちすることができます。

例えば2,341.0円で100株と指値を入れると、
6,900株があなたの100株を加えて
7,000株の約定待ちに加われます。

楽天証券HPをキャプチャーして改変

株取引の原則として
時間優先の原則があり、
同じ値段での注文は
先に注文していた方が優先となるため、
6,900株が買われてから
あなたの番になります。

いや、その上に
2,342.5円、2,342.0円、2,341.5円の注文が
合計で5,600株あります。
この注文が消化されてから
2,341.0円の注文になりますから、
実際には12,400株が約定を待っている状態です。

さらには、
あなたの順番になる前に
あなたの2,341.0円よりも
高い値段で買い注文が入れば
より順番待ちは後ろになります。

つまり値段が高い買い注文が
優先されるのです。
これを価格優先の原則といいます。

成行注文は時間を優先する注文。
指値注文は値段を優先する注文。
と覚えてください。

NISAにするか特定口座にするか

銘柄、株数、注文方法を決めたら、
それをNISA枠で買うか、
特定口座枠で買うかです。

楽天証券HPをキャプチャーして改変

NISA枠で買うと、
利益に対して非課税になりますが、
損失が出ても損益通算できません

一方、
特定口座枠で買うと、
利益に対して一定の税金がかかりますが、
損が出た際には損益通算することができます。

どちらの方が自分にメリットがあるか、
しっかり考えてから注文を出しましょう。

途中で保有株をNISA枠から特定口座枠へ
あるいはその逆には変更できません

あとはポチるだけ

あとは暗証番号を入れて
注文ボタンを押すだけ。

すると注文が東証に送られ執行されます。

ただし、
平日の9時から15時の間でなければ
執行待ちという状態になります。

株はその時間にしか取引ができないのです。
※一部例外を除きます

買った株を確認してみよう

買い注文が約定すると
保有株一覧に自分が買った株が
リストアップされます。

買った株の値動きを見てみよう

上の画像では、
以前に買った銘柄なので
既に大きく値段が変動しています。

3銘柄とも含み損の状態ですが、
買った直後から
刻々と値段が変わっていると思います。
(更新ボタンを押してください)

ザラバ中は常に値段が変わっているのです。

5分して値段は上がりましたか?
それとも下がりましたか?

次の授業は・・・

今回、実際に株を買ってみました。
株を買ったということは、
今度は売らなければならないということです。

正確には売らなければならないということは
ありませんが、
どうなったら売るかということは
常に考えておくべきです。

次回の授業では、
株を売るタイミングについても
勉強してみましょう。


今回は楽天証券での売買を例にとりましたが、
先ほど口座開設したSBI証券の口座でも売買を見てみたい方はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました