社会2&実習2 証券会社の口座を作ろう

実習
Sponsored Link

社会2&実習2 証券会社の口座を作ろう

前回の授業では、
校長である三旬歩がもつ
証券会社の口座を
実名と写真を添えて
ご紹介しました。


今回の授業では、
いよいよ証券会社の口座を
開設してみましょう。


今回開設するのは、
SBI証券の証券口座にします。
理由は3つです。

1つには、
三旬歩がまだ開設しておらず、
手順をキャプチャーしながらできるということ。

1つには、
現時点で必要な書類等が
変更になっているかどうかわかること。

1つには、
SBIの口座が欲しかったこと(笑)

ということでSBI証券の口座を例に
開設していきましょう。



口座開設は自己責任です。
SBI証券の口座を特別に
勧めているわけではありませんし、
それによって不利益を被っても

三旬歩及び金リテ小では
一切責任は負いません。


口座を開設するのがまだ怖い、
という方は、開設するテイでも
良いと思います。

大まかな手順

今回開設するSBI証券は
インターネット証券なので、
開設の手続きはweb上で開始します。
大まかな手順は以下の通り

口座開設申込をする。
・後日書類が届く。(郵送申込の場合)
・必要事項や必要書類を添付して返送する。
・口座開設のお知らせが届く。

必要になる書類や証明書

証明書をここに列挙

口座の開設申し込みをしよう

まず、SBI証券のHPtop画面に行きます。

SBI証券HPよりキャプチャーして改変

そして、「無料口座開設」は
こちら(赤枠)をクリックします。

手順に従って
必要事項を入力していくだけですが、
後から変更するのは
とても大変な部分もあるので、
ひとつひとつ細かく解説します。

SBI証券HPよりキャプチャーして改変

メールアドレスを入力し、
メール送信をクリックすると
登録したメールアドレス宛に
認証コードが送られてきます。

認証コードを入れて
次へをクリックすると、
口座種別などの選択画面
移ります。

SBI証券HPをキャプチャーして改変

これは特定口座を選択しましょう。

一般口座を選択すると、
株式配当などの管理を
自分で全てしなければならず、
確定申告のときに
かなり苦労することになるので、
必ず特定口座
選択しましょう。

源泉徴収に関しては、
源泉徴収ありの方が
確定申告の時に楽です。

一方、源泉徴収なしでも、
結局確定申告の時に
税金を払うことになるので、
やっぱり源泉徴収ありの方が
なにかと楽チンです。


その下、
もし今年の内に転居している場合は、
1月1日時点の住所を入れることになります。

SBI証券HPをキャプチャーして改変

その下、NISAの申込ですが、
別の証券会社で
NISAを持っているのであれば、
開設できませんので、
申し込まないを選択してください。

NISAを希望される方は、
その投資方針によって
NISAつみたてNISAかどちらかを
選択していただければいいのですが、
わからなければ後からでも申し込める
ので、今回は申し込まない
という手もあります。

SBI証券HPをキャプチャーして改変

住信SBIネット銀行口座開設ですが、
証券口座は通常、
直接ATMで入金することができませんので、
どこかの銀行口座から送金するか、
SBI証券と住信SBIネット銀行のように、
連携している銀行口座を
同時に持っておくのがいい
かと思います。

一方、
メガバンクや他のネット銀行から
送金自体はできるので、
銀行口座を増やしたくない方は
申しまなくてもOKです。

SBI証券HPをキャプチャーして改変

TポイントサービスはどちらでもOKです。
普段Tポイントカードを使うなら
申し込んでおいた方がお得です。

後からでも申し込みはできますが、
開設時のボーナスポイントはこの時だけ
特典になります。

以上を選択したら
「次へ」ボタンを押します。

SBI証券HPをキャプチャーして改変

次のページは規約の確認です。
それぞれチェックボックスがありますが、
その上にあるPDF書類を
開かなければチェックできない方式に
なっています


全てチェックして
「同意する」をクリックします。

SBI証券HPをキャプチャーして改変

最後に開設方法の選択をします。
三旬歩が申込したときは
ちょうどメンテナンス中で
郵送での申し込みしかできませんでしたが、
最近の証券会社はネットでの
口座開設にも対応しています

郵送にした場合には、
本人確認書類などを送付する大きな封筒と
開設のための書類が送られてきます。

ネットで口座開設を選択した場合は、
本人確認書類や顔認証などを
アプリなどで行うことになると思います。

※以前開設した岡三オンライン証券
アプリによる認証がありましたが、
SBIではどうかわかりません。要確認ですね。

SBI証券HPをキャプチャーして改変

最後にこの画面が出てきたら
開設申し込みが終了です。

※まだこの時点では
開設できていませんのでご注意を!

口座開設の書類を送ろう

開設申し込みから数日
(三旬歩の場合は3日、2営業日後に届きました)

SBI証券から書類が送られてきます。
その書類を確認してみましょう。

このような封筒に下のような書類が詰まっています。

中央から右の縦長の書類4冊は契約内容や約款、手数料一覧などの
契約に際しての情報開示のような書類です。
一度目を通しておきましょう

上の横長の紙の左側は必要書類の一覧です。

中央左から2枚のA4サイズの紙は、
特定口座およびNISA口座開設申し込み書
それに伴う利益相反の確認や
現在の職業や年収などの聴取書類です。

この2枚を中央の水色の封筒に入れて、
さらに本人確認書類および
マイナンバーが確認できる書類
同封してSBI証券に
返送しなければなりません。

添付しなければならない書類は2種類で、
1つは、本人確認書類で
・マイナンバーカード
・運転免許証
・健康保険証
・住民基本台帳カード
・住民票
などのいずれもコピー2種類

もう1つは、
マイナンバーの分かる書類1種類
計3種類を封筒に同封して返送します。

封筒には切手を貼る必要はありません。

書類を返送したあと

書類を返送してから約1週間

まずは、登録したメールアドレスに
受付が完了した旨のメールが届きます。

SBI証券からのメール ※下は長いので端折っています。

その後、
三旬歩の場合は翌日に簡易書留
ユーザーネームログインパスワード
書かれた書類が届きました。

ここに書かれている
ユーザーネームログインパスワード
SBI証券の口座にログインしてみましょう。

SBI証券HPにログイン

まずSBI証券のHPを開きます。

SBI証券HPをキャプチャーして改変

画面右側のボックスに
送られてきたユーザーネーム
ログインパスワードを入力すると
ログインできます。

初めてログインすると、
お客様情報の登録画面となります

まずは、
個人情報やインサイダー登録を行います。

上場企業に勤めている場合、
その企業と利益相反の関係にある
個別銘柄を取引する場合に
制限がかかることがあるかもしれません。

SBI証券HPをキャプチャーして改変

次に、出金口座を登録します。

住信SBIネット銀行を
同時に申し込んでいる場合には
それを入力します


三旬歩の場合は、
この記事を書いているときには
まだ住信SBIネット銀行の
口座登録完了の書留が
来ていなかったので
今まで使っていた
メインバンクを登録しました。

これはあとから変更できます

SBI証券HPをキャプチャーして改変

次に、手数料プランを設定します。

スタンダードプラン
1注文ごとの約定代金に対して
手数料がかかるプランになります。

アクティブプラン
1日の合計約定代金に対して
手数料がかかるプランです。

特にわからなければ
あとから変更もできますので
スタンダードプランにしておけば
いいでしょう。


アクティブプランのメリットは
50万円未満の取引に対して
手数料が無料となっているくらいです。

50万円を超えると
スタンダードプランの方が
手数料が安くなる場合があります。

STEP1最後は質問事項への回答です。

特に
今の資産状況についての質問は
回答必須項目となっています。
正直に答えるようにしましょう。

投資の経験については、
特にこれによって
制限を受けたりするわけではない
ので
正直に書いてしまいましょう。

カスタマーサービスを受ける時の
参考資料になるだけだと思われます。

SBI証券HPをキャプチャーして改変

これでSTEP1が終了です。

つづくSTEP2では、
iDeCoの申し込みやFX、先物など、
現物株式取引以外に
取引を行う場合に必要な
別口座の開設申込
ができます。

三旬歩は特に希望しないので
全てチェックを外しました。

必要に応じて申込してください。

SBI証券HPをキャプチャーして改変

これで、初回ログイン時の
初回登録が終了しました。

この後10分くらいすると
取引が可能になります。

お疲れ様でした。

次の授業は・・・

これで証券会社の口座が
開設できました。

現物株取引であれば、
即日取引開始できます。

一方で、
取引開始できるのですが、
取引をするためには
資金を投入しなければなりません


次の授業では、
証券口座への資金の投入方法について
勉強していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました