社会15 公的年金制度(特殊な受給)

社会(経済)
Sponsored Link

社会15 公的年金制度(特殊な受給)

おはこんばんちわ。
金リテ小校長の三旬歩です。

前回の授業では、
公的年金制度の
基本的な受給について
勉強してきました。

基本的な受給というのは
65歳まで大きな障害を残したり、
遺族となったりしなかった場合で
順調に65歳から年金を
受給する場合のこと
でした。

今回勉強するのは、
不幸にも障害を受けたり、
亡くなったりした場合に
受ける年金受給
について
勉強していきましょう。

障害年金

障害年金は、65歳になるまでに
何らかの障害を受けた場合に
受給できる年金となります。

障害基礎年金

第1号被保険者で、
65歳になるまでに、
以下の要件を満たした場合に
65歳になる前から受給できる
年金となります。

①初診日に国民年金の被保険者であること
②障害認定日に1級もしくは2級に該当すること
③保険料納付要件を満たしていること
  ・保険料納付済期間が2/3以上であること
  ・初診日のある月の前1年間に未納期間がないこと

以上の要件を全て満たす場合に
障害基礎年金を受けることができます。

受給額は
障害1級なら977,125円、
障害2級なら781,700円となります。
(令和2年度)

また、扶養する子どもがいた場合には、
2人目までは224,900円、
3人目以降は75,000円が加算されます。

障害厚生年金

障害基礎年金と同様に
以下の要件を満たす場合に
厚生年金から障害年金を
受け取れるものです。

①初診日に厚生年金の被保険者であること
②障害認定日に1級から3級の障害に該当すること
③保険料納付要件を満たすこと

受給額は以下の通りです。

障害1級:報酬比例部分×1.25倍+配偶者加給年金額(224,900円)
障害2級:報酬比例部分+配偶者加給年金額(224,900円)
障害3級:報酬比例部分のみ(最低586,300円)

65歳以上になると、
障害基礎年金も一緒に受給することが
可能となります。

遺族年金

遺族年金には、
いくつか種類があり、
その要件によって
どれに該当するかが決まります。

そして実は一番複雑なのは
この遺族年金なのです。
理由は後程・・・

遺族基礎年金

国民年金加入者で、
老齢基礎年金の受給資格期間が
25年以上ある被保険者が死亡し、
その被保険者が
18歳未満の子を扶養していた場合、
配偶者に対して遺族基礎年金が
支給されます。

受給額は
老齢基礎年金と同じく781,700円で
子が2人目までは224,900円、
3人目以降は75,000円となります。

子として算入されるのは、
健常人であれば18歳まで、
障害1級もしくは2級の子なら
20歳までが算入されます。
子が成人して0人になると、
配偶者への受給が停止されます。

寡婦年金

上記の障害基礎年金の受給要件を
満たさない場合に
死亡した被保険者が
10年以上の受給資格期間がある場合に
その配偶者が60歳から64歳までの期間に
受け取れる年金となります。

受給額は老齢基礎年金額の3/4となります。

死亡一時金

第1号被保険者が、
受給資格期間が3年以上あり、
年金を一回も受給せずに死亡した場合、
一時金として配偶者が受け取れるものです。

保険料納付済期間に応じた一定額が
支払われます。

子のない配偶者は
これを受け取ることとなります。

下に遺族基礎年金に関する
フローチャートを載せておきます。

遺族基礎年金に関わるフローチャート 三旬歩作成

遺族厚生年金

老齢厚生年金の受給資格期間が
25年以上ある第2号被保険者が死亡した場合、
遺族基礎年金に遺族厚生年金を
上乗せして受給することができます


さらに要件によっては、
中高齢寡婦加算
経過的寡婦加算を上乗せして
受給することができます。

この中高齢寡婦加算経過的寡婦加算
その配偶者自身の老齢基礎年金などと
重なってくると、
受給停止されたり一部停止されたりと
非常に複雑になってくるのです。

これに関しては、
該当する人が限られてくるため、
今回の授業では勉強しませんが、
後に別の授業でまとめてみようかと思います。

まとめ

ここまで3回の授業で、
公的年金制度について
勉強してきました。

基本的に、障害を受けたり、
配偶者が無くなったりしなければ、
支払う額と受け取る額については
非常に簡単な制度設計となっています。

一方、
何かあったときには、
早めに受給できるなど、
もしものときの備えとしての
側面もあるということが
勉強できたかと思います

次の授業では・・・

年金制度の最後の部分、
第2号被保険者の3階建て部分の
確定給付年金や確定拠出年金について
次の授業で勉強したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました