国語9 上場投資信託(ETF)とは何か

国語
Sponsored Link

国語9 上場投資信託(ETF)とは何か

おはこんばんちわ。
校長の三旬歩です。

前回までの授業で、
投資信託についての概要が
勉強できたかと思います。

今回は、
投資信託のデメリットの一つ、
売買にタイムラグが生じることを
解消した投資商品、
上場投資信託(ETF)について
勉強したいと思います。

上場投資信託(ETF)とは何か

上場投資信託は、
ETFと略されてよく話をされますが、
本質は投資信託と変わりません。

ファンドについた
ファンドマネージャーが
投資分野や投資銘柄の選定を行い、
自動的に投資運用してくれる
投資商品です。

一方で、
投資信託と違う点は、
上場されているということです。

つまり、
株と同様にリアルタイム
株価の変動を確認しながら
売買注文ができるというものです。

言うなれば、
株のリアルタイムさと
投資信託の専門性・分散性を
両方取り入れた商品になっています。

ETFにもデメリットはある

株と投資信託のいいとこどりの
ETFですが、
デメリットもあります。

それは分配金再分配コースがないことです。

投資信託であれば、分配金が出た場合に
自動的に再投資してくれるコースがありますが、
ETFにはそれはありません。

全て手動で新たに買い付けをする必要があるため、
そのたびに買付手数料がかかることになります。

ただ、このデメリットはあまり考慮されない傾向にあります。

それは、そもそも分配金を出さない投資信託の方が
税制的に有利であるためです。

分配金を出さずに基準価格に反映させる形であれば
分配金に対する所得税分を減額できるからです。

そのため、ETFはそもそも分配金を出さないものを買うべきで、
そうすれば、このデメリットもキャンセルされるという寸法です。

ETFの買い方

ETFは、株式と同様に
東京証券取引所に上場されており
証券コードもついてます。

したがって、
株と同じように売買できます。
証券会社によっては、
ETFを取引するときは
買付手数料が無料になっている
証券会社もあるので、
確認してみるといいでしょう。

次の授業は・・・

ここまでの授業で、
株から投資信託、ETFと
日本の証券会社で取引できる
一般的な投資商品について
勉強してきました。

次に勉強しなければならないのは、
コストの問題です。
資産を運用する上で避けては通れない問題となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました