国語7 投資信託での利益の出し方

国語
Sponsored Link

国語7 投資信託での利益の出し方

おはこんばんちわ。
校長の三旬歩です。

前回の授業で、
投資信託のしくみについての概要を
勉強したと思います。

今回は投資信託での利益の出し方
勉強したいと思います。

投資信託での利益の出し方

投資信託での利益の出し方は、
株とほとんど同じです。

一つはキャピタルゲイン
もう一つはインカムゲインです。

キャピタルゲインはもちろん、
買値と売値の差額によって
利益を出す方法です。

もう一つのインカムゲインについては
少し株とは違う部分があるので
勉強していきましょう。

投資信託のインカムゲイン

投資信託のインカムゲインには
分配金と呼ばれる、
株で言う配当金のような
システムがあります。

いわゆる、配当金のような
純粋なインカムゲインは
普通配当金といいます。

普通分配金は
ファンドが順当に利益を出している場合に
それを投資家に還元するために
出される分配金です。

その他に、
特別分配金という分配金があります。
これは、ファンドが利益を出せていなくても
純資産から約束の分配金を出す
というタイプの分配金になります。

特別分配金に気をつけろ

特別分配金は
分配金と名前がついてはいますが、
純資産を削って分配に
回しているだけなので、
実際には身を削っているのです。

特別分配金は、
分配されると同時に
基準価格が下がります。

基準価格は
純資産総額÷口数(1万口あたり)
で計算されるため、
純資産が削られる特別分配金が出ると
基準価格が下がるのです。

つまり、
インカムゲインを出すために、
キャピタルゲインを削っているのです。
分配金というのは名ばかりなのです。

次の授業は・・・

投資信託のなんたるやが
少し分かってきたでしょうか。
ここで少しまとめると、

投資信託は専門家が銘柄選定し、
自動的に投資運用してくれるものである。
投資信託にもキャピタルゲイン
インカムゲインがあるが、
特別分配金には気を付けなければならない。
ということです。

次の授業では、
そんな投資信託の
メリットデメリットについて
勉強していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました