国語5 インカムゲインを得る方法

国語
Sponsored Link

インカムゲインを得る方法

おはこんばんちわ。
校長の三旬歩です。

前回の授業では、
株価の差額で利益を得る方法、
キャピタルゲインについて勉強しました。

今回は、
株主の権利であるインカムゲイン
得る方法を勉強しましょう。

株主の権利について復習

インカムゲインは株主の権利です。
国語1の授業で、
株主には権利があることを勉強しました。

株主の権利には、
会社の経営に関われる社員権
会社の資本を持つ権利
そして、会社の利益を
分配される権利がありました。

社員権は、
株主総会などで、
経営陣に対して注文を出すことができました。
そして、利益を分配される権利があります。

インカムゲインはこの
利益を分配される権利のことです。

インカムゲインは主に2つある

日本において
インカムゲインは主に2つあります。

一つは、配当金
もう一つは、株主優待です。

配当金は、
株を持っているともらえる
余剰金の分配です。

必ずもらえるわけではありませんが、
四半期ごとに発表される
決算短信に中期や期末の
配当金予測が記載されています。

1株に対して何円という形で
分配されるため、
100株(1単元)であれば、
何百円ということになります。
より多くの株数を保有していれば、
それだけ多くの配当金を
もらえることになります。


もう一つは株主優待です。
これは企業よって様々な内容があります。

Quoカードなどの
金券が配られる企業があったり、
自社製品を送ってくれる企業があったり、
自社の割引券や商品券だったりします。

ただ、これは実は
日本独自の制度だったりします。
世界的には珍しい制度です。

というのは、
既に株式市場は世界に開かれた市場であり、
日本の株式も世界中の
投資家によって売買されています。

ただ、株主優待は、
日本に在住していなければ
あまり使えない制度なので、
投資家の公平性という観点から
世界ではあまり好まれていません。

一方、
日本人にとっては
とっても嬉しい制度なので、
日本人からすると
是非続けていただきたい制度ですね。

インカムゲインの評価

インカムゲインには
多い少ないの評価をしなければ
ならない側面があります。

つまり
投資効率を評価しなければなりません。

その評価方法として、
利回りという考え方があります。

利回りは配当金なら
1株配当金÷株価
株主優待なら
優待金額÷最低取得価格
で計算されます。

配当利回りと配当性向

配当利回りは、
単純に配当金と株価の関係で
計算ができます。

当然配当利回りが高い方が
投資効率は良いことになりますが、
一般に配当利回りが高いことは
リスクであるという考え方があります。

配当金は余剰金なので、
会社の資本を削って
配当金が出されているということ。

つまり
会社の体力を削ぐことになるのです。
低い方が会社の体力が持ちやすいと
考える面があるので、
あまりに配当利回りが高いのは
考え者なのです。

それを見抜く方法として、
配当性向という考え方があります。

配当性向は
1株あたりの配当÷1株あたりの利益
で計算されます。

つまり
会社の利益の内、
何割が配当金に使われているのかが
分かる指標になります。

配当利回りが高くても、
配当性向が低ければ、
利益に対する配当金の占める割合が
低くなりますから、
会社の体力は持つ可能性が高いと
評価されることになります。

逆に、
配当性向が高いと
無理に配当金を出している
ということになるので
会社の体力を削っていることになります。

配当金には、
利回り配当性向
考える必要があるということです。

優待利回り

優待利回りは少し複雑になります。

簡単なのは金券を配る企業。
Quoカード1,000円分などを
配る企業の場合は、
1,000円÷最低取得価格
計算できます。

また、自社製品の送付の場合も
何円分相当と書いてくれていれば
利回りを計算できます。
書いてくれていなくても
商品の市場価格で計算ができます。

一方、
自社の割引券などは難しいです。
5%割引券などを配る企業がありますが、
いくら買い物をするかによって
割り引かれる額が変わってくるためです。

そのため、
一律に利回りを計算することが難しく、
優待利回りとしてはゼロとして
カウントせざるを得ないところがあります。

インカムゲインは不労所得の代表

インカムゲインは
株を持っていれば権利があるものなので、
株を売りさえしなければ
永遠に権利を持つことができます。

もちろん企業の業績によって
配当金の増減
優待の新設・廃止
あるいは企業自体の倒産は
リスクとなりますが、
お金がお金を生んでくれることになる
いわゆる不労所得ということになります。

ここまでのまとめ

ここまでの授業で
株の大体の基本については
押さえたと思います。
インデックスとしてまとめます。
国語1 株とは何か
国語2 株価の決まり方
国語3 株で利益を出す基本的な2つの方法
国語4 キャピタルゲインを得る方法
国語5 インカムゲインを得る方法

株とは何かから始まり、
株価の決まり方、
株で利益をあげる基本的な方法を
勉強してきました。

次の授業は・・・

次以降の授業では
株の基礎的な知識の上に成り立つ、
株以外の投資商品についての
勉強をしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました