算数1 収支表を作る意味とは

算数
Sponsored Link

収支表を作る意味とは

今、流行りの資産運用

おはこんばんちわ

昨今流行りの資産運用
皆さんどれだけ資産運用されているのでしょうか。

三旬歩は、
株式とFXでリスク資産運用、
保険で非(低)リスク資産運用をしています。


先輩有名ブロガーさんたちは、
一介のサラリーマンには
到底到達できないような
投資原資をお持ちの用で、
リーマンショックやアップルショック、
最近のコロナショックを乗り越えて
順調に資産を増やし続けていらっしゃいます。


私はまだまだそれには足元にも及びませんが、
原資を必死に作っている最中です。


その中で、基本となることを見つけました。

資産運用の「基本のき」

勉強、運用、利回り・・・。
その原点は「知ること」です。

投資対象を「知る」
投資方法を「知る」

いえいえ、その前に・・・

自分のことを知らなければなりません!

自分がどれだけ
投資余力があるのか

もっというと、
自分の収支がどうなっているのか

これをまず知らないことには
この先の資産運用でずっこける可能性が高いです

まず、三旬歩が実践している、
自分独自の収支表をお届けします。
ご参考になさってください。

収支表をつける意味

収支表をつけると

・どれだけの収入があるか

・何に、どれだけの支出があるか

・収入と支出の推移はどうか

・どれだけを資産運用に回せるか

これらのことが把握できるようになります。

把握することによって、
自分はどれだけの運用余力があるかが分かり、
適切に危機感をもつことで、
ある程度精神的にも安定して資産運用できるようになります。


まず、ご自身の家計管理をしっかりすることが、
何よりも先に必要になるのです。

次の記事は・・・

次回は、実際にエクセルを使って収支表を作ってみます。



エクセルの詳しい使い方とともに
解説が必要ならこちらにどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました